You Are Viewing

A Blog Post

経営塾へ。

毎月恒例になった東京への学びの会。

学びの会とかいうと、若干宗教臭いけど全然違います(笑)

今月は経営に関する数字の知識の復習と
経営者としての姿勢を問われる時間となりました。


いつ見ても綺麗です。。

こうして毎月、学びの時間をとると改めて経営に関するスキルは
たくさんあって、それぞれが一定のレベルに達していないと
経営者とはとても呼べない組織運営になってしまうんだなと感じます。

職人さんは、匠の技で生活の糧を得ておられるわけですが
経営者も「経営」というものを技と心得て習得しなければなりません。

その学びには終わりは無く、それこそ匠の技の境地にたどり着いても
常に状況や環境は変化するので、また学ばなければならないと思うのです。

しばらく、私はまともな経営者だと感じていました。
相談にのったり、教えを請われたりする仕事もしておりますので
その時は、自分の持てる知識とスキルを惜しみなく提供しますが
そうしているうちに、自分はすでに学ぶべきものは無いかのような錯覚に
陥ります。

経営者に到達点は無く、常に今の自分ではダメだと戒め
常に新たな目標へと歩を進めることが出来る人のみ、社員を幸せに出来るのだと思います。

社員と社員の家族を幸せにしたい。
幸せを感じることが出来るのは、幸せが何かを明確に分かっている人だけです。

夢を持ち、夢を叶えるために日々努力するスタッフに恵まれ
私は本当に幸せです。

もっと、私自身が向上しなければ。