You Are Viewing

A Blog Post

「議論に負けても、その人の意見は変わらない」

今読んでいる本に、こう書かれていた。

「議論に負けても、その人の意見は変わらない」

私は議論が好きで、自分の考えを押し通すことに関して
論破出来る自信がある。

今までの経験。今までの学び。今までの成果。

それぞれを総合して考えると、自分の考えが正しいと
いう想いにたどり着く。

だけど、この本に書かれていることは恐らく真実だ。
その場では論破できても、相手は考えを変えていない可能性が高い。

変えたとしても一時的なもので、結果的に自分の考えに戻ってしまう。。。

で、あれば。

で、あれば。

論破などには、何の意味もなくもっと必要なことは
違う意見に寄り添うことではないか。

なぜ、そう思ったのか。なぜ、そう感じたのか。
そっちのほうが、余程合理的で建設的である。

論破などには何の意味もない。
自分の考えを押し通すことなどに何の意味もない。

更に言えば自分の立場上、 意見が通りやすい立場にいるのだから
もっと耳を傾け、いろんな意見を集約するべきだ。

もっと聴こう。そして聞いていこう。

そうすれば、必ず前に進める。