You Are Viewing

A Blog Post

見積勉強会。 in 東京海上日動

11月22日 新山口駅前の東京海上日動山口支店に於いて
ロータスメンバーで見積勉強会を開催しました。

今回の見積勉強会は見積もりというよりも昨年の保険料改定から
どのように保険会社の経営状況が変わり、保険の使用状況や事故報告件数が
推移しているかという現状の把握と、それについてのディスカッションが
主な内容になりました。

常々感じていることではありますが、国内の大手損保会社は
契約者であるお客様に説明責任を果たさずに、保険契約内容を変えたり
保険料を変えたりしております。。よね?(笑)

説明責任は果たしていると公的には認められているのかもしれませんが
直接お客様と接する我々代理店は、説明責任が果たされていないと感じているのです。

それは、お客様がご存じないから。

それも

ほとんどのお客様がご存じないから。

それは

全国的に見ても恐らく同じだと思います。

保険料をあげて、いざというときにも使いにくいように保険内容に変わっているのに
その説明をしないなんて。。

もちろん選択の自由、契約の自由というものがあり
最終的には消費者に判断は委ねられますが、知らなければ選択のしようがありません。

しかも。

国内大手損保は全てほぼ同じ内容で変更されていますし
JAでさえ、来年同じように内容が変わるそうです。

これって。。談合ではないのでしょうか。

それでは消費者の選択肢が激減ですよね。
「仕方ない」という妥協案で選ばれている商品ですよね。

まるで消費税を上げるかのように保険料を上げる。

商品の値段を上げるというのは我々商売をしている身としては
大変な判断です。

もちろん保険会社さんもビジネスですので利益を出さねばなりません。
ですが、その企業努力を伴わない経営体質の改善は

改善と呼べるのでしょうか。。

調べれば調べるほど

学べば学ぶほど

保険会社の体質が伝わってきて残念でなりません。

我々は保険会社の代理店として出来うる限りお客様に納得して頂き
最良最善のご提案をさせて頂きます。

そして、その上で選択して頂けましたら
社をあげて、全力でカーライフをサポートさせていただきます。

誠意をもって。

Leave a Reply

CAPTCHA