You Are Viewing

A Blog Post

スパークプラグって、何か解かりますか??

スパークプラグの寿命って・・・・・

最近はエンジンが複雑化してきており、スパークプラグを取り換える
だけでもとても時間が掛かったりします。
そういう整備性を考慮してか、10万キロでの交換指定をしている
車も少なくは無いのですが・・・・・

実は、プラグのメーカーのホームページに行くと、自動車メーカーが
指定している距離数と比べて、早めに交換を推奨していたりします。

これは、自動車メーカーが走行可能な性能で表示しているのに対し、
プラグのメーカーは性能が低下するであろう所での交換を
推奨している為だと考えます。

すると、5万キロで交換した方が良いのかもしれませんね・・

軽自動車は、とても燃費が良く維持費が掛かりませんが、
スパークプラグだけをピックアップすると、交換サイクルが
早いのです。
排気量が小さい為、普通車や大排気量車に比べ、点火の
タイミングがとても早く、それによって寿命も短くなります
ニッケル系のプラグで2~3万キロ、イリジウムプラチナプラグでも
5万キロでの交換をお勧めします。

せっかく、省燃費の車に乗られても性能の低下で、
燃費が著しく悪くなるのって微妙ですもんね・・・。